終活・エンディングノート

​終活と老後のお金について

終活と老後のお金について

終活とともに考えなければならないのが、今後生きていくのにどれくらいのお金が必要なのかという点になるのではない

かと思います。ご自身が亡くなった後の家族の生活も大切ですが、その前にご自身の生前の生活も大切です。特に定年退

職してからすぐに終活を始めるという方は、その後にもまだまだ長い人生が続くことになります。それでは、老後にはど

れくらいのお金が必要になってくるのでしょうか?

まずは、60歳で定年退職してから日本人の平均寿命の85歳くらいまでの間にいくら必要なのかを割り出してみましょ

う。もちろんこれは、それまでの生活スタイルや収入などによって大きく異なるのではないかと思います。それまでに月

20万円で生活していたという方もいれば、50万円使っていたという方もいらっしゃるでしょう。特に50万円使って

いた方がいきなり月20万円の生活をするのは難しいと思います。

そのため一概には言えないのですが、総務省によると高齢夫婦が平均して利用する額は、年間で300万円程度だという

ことです。つまり、夫婦で月25万円が平均的な生活ということになります。ただし、不慮の事故で入院することになる

場合もあるでしょうし、高齢になると病院に通うことも多くなります。さらに、夫婦で旅行に行ったりといった娯楽を入

れると、年300万円ではなかなか足りないというご家庭も出てくるはずです。

高齢者は、基本的に年金からしか生活費を得ることができません。それでは、その年金はどれくらい見込めるのでしょう

か?こちらも支払金額などで大きく左右されますが、平均で月22万円程度だと言われています。65歳~85歳までで

得られる年金は、夫婦で約5300万円ということになります。これに加えて定年退職まで務めた方は、1000万円

~2000万円程度の退職金を手に入れることができるのではないでしょうか?

老後に得られるお金も多いですが、使う額はもっと多くなる可能性が高いです。退職金と年金だけでは、夫婦が85歳ま

でゆとりある生活を送るのは難しいのではないかと思います。老後に楽しく生活するためにも、それまでにある程度の貯

金をしておく必要があるのです。

また、退職後も少し働いて収入を得るというのもよいのではないかと思います。もしくは、マイホームを手放して得たお

金でゆとりのある生活をするという方法もあるでしょう。様々な方法がありますので、まずはご自身の生活からどれくら

いのお金が必要なのかを計算し、老後のお金について考えていくようにしましょう。