終活・エンディングノート

終活と葬儀について

終活と葬儀について

自分で自分のお葬式の準備をするなんて考えられない、と思われる方もいらっしゃるのではないかと思います。しかし、

最近は終活の一環でご自身の葬儀の準備をされる方も増えてきています。人の死は突然やってくるものですが、残された

周りの方々は悲しみに暮れることになります。そして、その状態で葬式の手配やお墓の準備などをしなければなりません



混乱した状態で物事を進めることになりますので、中には悪徳業者に騙されてしまう方もいらっしゃいます。家族をそん

な目に合わせないためにもご自身の死後にスムーズにお墓に入るためにも、前もって準備をしておきましょう。自分の葬

儀の準備をするのに抵抗をお持ちの方も多いと思いますが、終活の一つとして行うのは当たり前のことなのです。

葬儀の準備にあたって、まずは業者選びから始めることになります。突然の死で葬儀屋を選ぶ場合は、準備をしていない

ため葬儀屋から言われたままの条件で契約を結んでしまうケースが多いようです。そのケースが多いため、業者も高めに

見積もってみたり適当な内容を契約書に入れてみたりとすることがあります。残念なことですが、実際にそのような業者

も存在するため葬儀屋は慎重に選ぶ必要があります。

実は、生前に葬儀屋と見積もりを取ることによって、良い業者か悪い業者かを見極めることができるのです。亡くなって

から数日中にすべて終わらせなければならない葬儀の場合は、こちらとしてもスムーズに葬儀を行うために業者の言うと

おりにすることが多いです。それに付け込んで料金を吹っ掛けるような業者は、細かく見積もりを出したり内容を聞かれ

たりするのを嫌います。

内容を明かしたり料金の詳細がばれてしまうと、適当にやっているということが明らかになってしまうからです。そのた

め、まずは様々な業者に相見積を取るようにしましょう。きっちりとした業者であれば、葬儀の明細などもしっかりと出

してくれます。例えば葬儀にかかる人件費だけではなく霊柩車の費用や供花の費用から細々した経費まで、全ての費用を

出してくれます。

しっかりと業者を選ぶことができれば、残された家族にもスムーズに葬儀を行ってもらうことができるのではないかと思

います。ご自身が事前にしっかりと交渉してあるので、家族がだまされることもありません。また、準備もしてあるので

困惑してバタバタすることもなくなります。残された家族まず行わなければならない葬儀の手配を前もって準備しておく

だけで、様々なメリットがあるのです。